アルバム
ENCORE SHOW
2013.2.06リリース

初回生産限定盤

プロフィール
スキャンダル
スキャンダル
HARUNA
(ボーカル、ギター)
TOMOMI
(ベース、ボーカル)
MAMI (ギター、ボーカル)
RINA (ドラム、ボーカル)
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人

2013年03月02日

夢の大阪城へ

いよいよ、夢の大阪城ライブが実現しますね。
例によって本日土曜日に、青春18きっぷでノンビリ大阪に向かいたいと思います。


曲のセットリストやパフォーマンス、舞台演出やMCで何が語られるのか興味が尽きませんね。
たぶん「welcome home」は、かなり盛り上がりそうな気がします。


なんだかんだ言って、過去最高人数のSCANDALファンが集まると思うので
その場でしか味わえない、生の迫力というものを感じ取ってきたいと思います。



大阪城ホールを目指しはじめた、インディーズ時代
幻のアメーバブログに使われていたトップ画像。




  

        



→SCANDAL(スキャンダル)  ガールズバンドを見逃すな!!の
トップページはこちらです



Posted by スキャンダル at 03:05SCANDAL(スキャンダル)

2012年09月04日

音霊ワンマン レポ

先日、音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2012
「夏の終わりのスキャンダル ~いつもより若干のしっとりさを添えて~」に
参戦してきました。


この音霊ワンマンは、チケット入手がかなり難しいプレミアムライブでしたが、
内容的にも、プレミアムなワンマンになりましたね。


OTODAMA SEA STUDIOでは、最初は前の方のお客さんは座っていて、
そこを取り囲むように、立ち見のファンがいる感じでした。


しかしライブハウスは異様に暑くて湿度も高く、ベタベタしていましたね。
時折どこからか、冷たい風が入ってくるという感じでした。


そしていよいよオープニングでメンバーが登場すると、いつもと雰囲気が違いました。
なんとアコギを持っていたので、まさかのアコギライブがスタートしました。


●セットリスト
1スイッチ
2Very Special
3恋模様
4アタナガマワル
5M

6welcome home
7HARUKAZE
8ピンヒールサーファー
9SCANDAL BABY
10太陽スキャンダラス
11DOLL

アンコール
12太陽と君が描くSTORY
13スペースレンジャー


いきなり「スイッチ」からだったので、かなりテンションが上がりました。
多少ギターのキーが合ってないような感じでしたが、そんなのは関係なく良かったですね。
RINAのサビのパフォーマンスは、アコギだったのでより激しく際立ってました。


それから、久々に「恋模様」が聴けたのが嬉しかったです。
TOMOMIの地を這うような、ダークなベースラインに痺れました。


そしてプリプリの「M」は、サプライズな感じだったので一際歓声が上がりました。
初めてのカバーということで、ちょっと緊張しているように感じましたが
HARUNAの突き抜けたボーカルが、その緊張を打ち消すように胸に染み渡ってきました。


そして6曲目からは、楽器をエレキに持ち替え全員総立ちで盛り上がりました。
「welcome home」、「HARUKAZE」という疾走感のある楽曲が続きましたが
ファンも「コレコレ」っていう感じで、弾けているのが印象的でしたね。


そして新曲「ピンヒールサーファー」は、メロディーはキャッチーながらディスコロックっぽい曲に仕上がりましたね。
割と単調になりがちな曲ですが、イントロのギターリフなどがアクセントになっていてカッコいいと思います。


1970年代後半にローリングストーンズとかが、一斉にディスコロック調の曲をリリースしましたけど
その時代の楽曲の雰囲気に、けっこう似ているのかなって思いました。


それにしては静かに聴いている感じだったので、曲前に「踊れー」など煽りが必要なのかなって思いました。
でも意外に静か目の曲なので、あれで踊るのは難しいかもしれませんが・・・


そして、ビックリしたのが「太陽スキャンダラス」
余計な音が一切入っていなかったので、すごくカッコよく聴こえました。
レコーディングバージョンではシンセ音が入ってますが、それが一切なかったんですよね。


そしてアンコールでは、このOTODAMA SEA STUDIOにピッタリの「太陽と君が描くストーリー」。
そして「もう一回」コールがはじまり、最後は「スペースレンジャー」で幕を閉じました。
やはり疾走感のある曲が最後だと、すごく清々しい気持ちになって気分良く終われますね。


そして終了後ドリンク交換して帰ろうかと思ったんですが、ライブハウスの中が滅茶苦茶暑い。
そこで外に出てみたんですが、波の音が鳴っていて海風が気持ちよくとても涼しかったです。


しばらくドリンク交換の列が少なくなるまで砂浜で待ってたんですが、ライブハウスのすぐ脇で出待ちしている人を発見!
気がついたら、自分もドサクサに紛れて出待ちの列に並んでました(笑)
しかしこれが功を奏して、かなり面白いものが見れましたよ。


最初メンバーは、控え室になっている道路の向こう側の店で休んでいたみたいなんですが
しばらくして、私服に着替えるためにライブハウスに戻ってきました。


そこまではよくありがちなんですけど、ここからが凄かったんです。
突然TOMOMIがひとりで出てきて、何をするのかなって思ってたんですが
いきなり、砂浜に向かって雄叫びを上げながら走っていきました(笑)


凄く雰囲気のいい場所だったので、TOMOMIあたりがハメを外さないかと期待はしてはいたんですが
予想通り(笑)、夜の海に突入していきました(実際は海には入ってないと思いますが・・・)


そこからは砂浜を縦横無尽に叫びながら、TOMOMIが走る走る(笑)
後ろの方のファンの人は最初気づいてなかったらしく、なんかTOMOMIがやってるぞって感じでした。


その後海側にいたファンの人に花火をもらって、何故か地味な線香花火をやってました(笑)
あの弾けっぷりから一転しての地味さだったので、ちょっと面白かったです。


その後TOMOMIが一旦引き上げた後、メンバー4人が私服で出てきました。
HARUNA、TOMOMI、RINA は、けっこうラフな服装でした。
MAMIはキャミのワンピみたいな私服で、けっこうオシャレな感じでしたね。


しかしTOMOMIの天真爛漫ぶりが見れて、すごく面白かったです。
アコギと爆音と波の音と、TOMOMIの天真爛漫ぶりに癒された一日でした。




  

        



→SCANDAL(スキャンダル)  ガールズバンドを見逃すな!!の
トップページはこちらです



Posted by スキャンダル at 23:04SCANDAL(スキャンダル)

2012年08月29日

城天ストリートライブ レポ

城天ストリートライブに行ってきました。
青春18きっぷを東京の金券ショップで買ったので、大阪まで9時間くらいかかりました。
でもずっと座って行けるので、そんな苦ではなかったですね。


面白かったのは米原駅を過ぎたあたりから、急に関西弁に変わることです。
女子高生がRINAみたいに、「~やで!」って言った時は感動しました(笑)


それから前日入りしたので、1泊1800円の高級ホテルに泊まりました(笑)
実は西成のホテルに泊まったので、このエリアでは高級な部類なんですよね。


西成の相場は1000円くらいで、なかには500円で泊まれるところもあるらしいです。
街の雰囲気は正直パンチ効いてましたけど、ホテルには女性や子どもも泊まってたので安心だと思います。
あと24時間シャワーが使えたりもしたので、居心地も良かったですね。


そんなこんなで城天ストリートには、午前10時頃行ったんですが
すでに、スキャファンの姿がありました。
でも自分は呑気に、大阪城を観光してました(笑)


大阪城天守閣より、大阪城ホールと城天を望む



いろんなところを観光しつつ、再び城天に着いたのはライブスタートの数十分前です。
正直滅茶苦茶な暑さだったので、何時間も待ってた人は凄すぎます。


そしていよいよ、SCANDALが登場!
あの懐かしの、インディーズ~DOLL時代の制服で登場です。


これには流石に、かなりのどよめきと歓声が上がりましたね。
これだけでも、大阪まで来た甲斐がありました。


昔は制服着てライブすると、カッコ可愛い感じでしたけど
そこに大人のセクシーさが加わって、なんか良かったです(笑)


それからライブで印象に残ったのは、やはり激エモチューン「Welcome Home 」ですね。
まさにこの日のための曲という感じで、グッと胸に迫るものがありました。


この曲が「スイッチ」みたいに、メンバーやファンにとって特別な曲になってくれたら嬉しいですね。
セットリストの常連になることを願いたいです。


それから最後のスペースレンジャーは、まさにこの場所に相応しい曲でした。
実はこの曲、インディーズの初期の頃「Foo~」という掛け声があったのを御存知でしょうか。
動画サイトで、インディーズ時代の映像をチェックすると最後の方で確認できます。


自分には何故か、その「Foo~」が空耳なのか聴こえてきたんですよね。
やはり城天ストリートという場所が、そうさせたのでしょうか。
しかし以前より、かなり進化したスペースレンジャーを城天で聴くのは
やはり最高でした。


そして、ついに大阪城ホールでのワンマンライブが発表されましたね。
この言葉を、メンバーの口から聞けただけでも良かったです。


個人的にこのワンマンライブは、SCANDALが「大阪城ホール」という呪縛から
解き放たれるライブになるのかなって思っています。
ワンマン後はもっとメンバーがやりたいような、自由な活動ができるのではないかと期待しています。


ライブ後のステージ



メンバーの楽器たち





ステージの裏側から



SCANDALのメンバーが登場すると、何故か雲が出てきて涼しくなりました



ライブ後、左側からパシャリ



城天ストリートの真後ろから、水上バスに乗れるみたいです



しかし大阪城ホールはデカイ



その後、京橋にあるSCANDALのバンド名の由来になった店へ
(注・店の中には入ってません)
やはり、スキャファンがいっぱい訪れてました(笑)


このエレベーターに乗って、メンバーは6Fのスタジオで練習してたそうです



階段もあるが、怪しすぎる・・・



その後メンバーの思い出の店、ダイエー京橋店にも行ったんですが
なんと、SCANDALが通ってたスクールのライブが行われてました。


でも自分が行ったときは終わってて、反省会みたいなことをしてました。
後で調べたら、CUETxBEATというグループらしいです。
1ヶ月後にも、ここでライブがあるらしいですね。



その後RINAもブログでビックリしてた、大阪駅へ
展望スペースが設けられてて、夕日が綺麗でした。





  

        



→SCANDAL(スキャンダル)  ガールズバンドを見逃すな!!の
トップページはこちらです



Posted by スキャンダル at 02:28SCANDAL(スキャンダル)

2012年08月25日

城天ストリートライブ

城天ストリートライブ、これは行かなきゃヤバイ!
・・・というわけで、前日から大阪観光もしつつ行ってきます。


もしかして、ここで重大発表があるかも!?  

        



→SCANDAL(スキャンダル)  ガールズバンドを見逃すな!!の
トップページはこちらです



Posted by スキャンダル at 10:09SCANDAL(スキャンダル)

2012年03月28日

いよいよ武道館へ

いよいよ、SCANDAL JAPAN TITLE MATCH LIVE 2012
「SCANDAL vs BUDOKAN」が開催される日がやってまいりました。


なにやらオープニングから凄いらしいので、ダッシュで武道館に向かいたいと思います。
さらに、マネージャーA助さんのtwitterによると・・・


マネージャーA助
「よっしゃ!武道館会場BGM完成!今回も力作です。
移動中、メンバーと車で聴いてる洋楽ロックたちです。
開演までの間、余力があれば聴いてね。」


という事なので、メンバーが車で聴いてる洋楽ロックが、
どんな曲なのか、個人的には興味深いです。


メンバーのインタビューやtwitterなどを見ると、ザ・ストロークス、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
フー・ファイターズあたりかなって思うんですけど・・・
これは開演前に、椅子に座ってゆったり楽しむにはもってこいですね。


そして肝心のSCANDALは、どんなセットリストを組んでくるのか・・・、
オープニングは・・・、メンバーが言う悪ふざけとは・・・などなど興味が尽きないですね。
たぶん「スイッチ」はやるでしょうから、個人的にはそれを一番の楽しみにしていたいです。


SCANDAL JAPAN TITLE MATCH LIVE 2012
「SCANDAL vs BUDOKAN」、まもなく開演です!!!




  

        



→SCANDAL(スキャンダル)  ガールズバンドを見逃すな!!の
トップページはこちらです



Posted by スキャンダル at 01:38SCANDAL(スキャンダル)